イベントお知らせ:生理研研究会「情動の脳科学的理解に基づく人文系学問の再構築」

11月5日~11月6日に、大規模なイベントとして、生理研研究会「情動の脳科学的理解に基づく人文系学問の再構築」を予定しております。

日時・場所

  • 日時:2021年11月5日(金)13時から11月6日(土)12時まで
  • 場所:生理研 1F・大会議室 または Zoom(ハイブリッド開催)

イベント概要

心理学・言語学・経済学・美学といった人文系・社会系学問は、人間の行動やその記録から内的な状態・過程のモデルを構築する。情動が人間の行動に及ぼす影響は特に人文系学問の重要な主題の一つだが、個体の主観的情動を直接計測することができないために、情動を説明変数に含めたモデルの構築は容易ではない。しかしながら、近年は機能的MRIの発展と統計モデルの高度化により、脳活動から潜在的な情動状態を推定することが可能となりつつある。本研究会では、このような技術を積極的に活用することにより、人文系・社会系学問が今後どのように発展していくことができるかを、幅広く議論する。

講演者

  • 近添淳一 (自然科学研究機構生理学研究所・准教授/株式会社アラヤ 脳事業研究開発室・チームリーダー)
  • 持橋大地 (統計数理研究所・准教授)
  • 渡辺安虎 (東京大学・教授)
  • 石津智大 (関西大学・准教授)
  • 南本敬史 (量子科学技術研究開発機構・グループリーダー)
  • 地村弘二 (慶應義塾大学・准教授)
  • 小林一郎 (お茶の水女子大学・教授)
  • 大関洋平 (東京大学・講師)
  • 萱場豊 (東京大学・講師)
  • 大黒達也 (東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構・特任助教)
  • 内海彰 (電気通信大学・教授)

提案代表者:持橋大地(統計数理研究所 数理・推論研究系)
所内対応者:近添淳一(自然科学研究機構生理学研究所)

お申込みについて

参加ご希望の方は、11月1日(月)までに下記のフォームから事前登録をお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScrLwK_PV7K3Rqxw4VjeJISWBLAwx0Kk9BV_nCch4--nWdt8A/viewform

プログラム

2021年11月5日(金)

12:30 受付開始
13:00-13:10 開会の挨拶 近添淳一 (株式会社アラヤ・脳事業研究開発室)
13:10-13:45 「個人の美的嗜好を模倣する機械」 近添淳一(株式会社アラヤ・脳事業研究開発室)
13:45-14:20「脳機能操作による情動処理の理解」 南本敬史(量子科学技術研究開発機構)
14:20-14:55「認知・脳情報処理による人間らしい言語処理モデルの開発」 大関洋平(東京大学)
14:55-15:15 休憩(20 分)
15:15-15:50「深層学習を援用した脳内情報解読への取り組み」 小林一郎(お茶の水女子大学)
15:50-16:25「比喩に関わる認知機構の解明」内海 彰(電気通信大学)
16:25-17:00「確率的潜在意味スケーリング」 持橋大地(統計数理研究所)
17:00-17:10 休憩(10 分)
18:30-19:00「情動の可視化技術が人文系学問をどう変えるのか、 あるいはどのような技術が人文系にブレークスルーをもたらすのか」パネルセッション
司会:持橋大地、近添淳一

2021年11月6日(土)

9:00 受付開始
9:00-9:35「脳機能研究から美学的概念を考える」石津智大(関西大学)
9:35-10:10「脳の統計学習に基づく音楽の芸術的感性と創造性の理解」 大黒達也(東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構)
10:10-10:15 休憩(5 分)
10:15-10:50「未来への期待の効用を反映する脳機構: 神経科学は行動経済学に貢献できるのか?」地村弘二(慶應義塾大学)
10:50-11:25「行動経済学における動学的意思決定の実証」萱場 豊(東京大学)
11:25-12:00「メカニズムが不明ないくつかの経済学実証研究の結果」 渡辺安虎(東京大学)
12:00-12:05 閉会の挨拶 持橋大地(統計数理研究所)

広報

生理学研究所・定藤研究室HPでもシンポジウムのアナウンスをご確認いただけます。

https://www.nips.ac.jp/fmritms/kenkyukai/information/2021/09/nips20211105-06.html

※ミーティングIDとPWは後日参加登録者へご案内いたします

領域内のメンバーが行っている研究内容をより詳しくご紹介するイベントとなっておりますので、是非ご参加を検討いただけましたら幸いです。